読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1001621
0
本当は怖い天気
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◆もはやコントロール不能! 前例のない水害が日本で多発!

『本当は怖い天気』
[監修]武田康男 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

氷河時代末期に起こった大洪水ほどの規模ではないにしろ何が起こっても不思議はない異常気象の本当の怖さとは?

キーワード…スポーケン洪水、これまで起きなかった現象、異常気象

史上最大の洪水は北アメリカで起きた

 これまでに知られているなかで史上最大の洪水は、スポーケン洪水だ。今から2万年〜1万8千年前の氷河時代末期に、現在のアイダホ州の北部にあったミズーラ湖をせき止めていた堤防が温暖化の進行とともに崩壊。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:652文字/本文:851文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次