読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1001642
0
本当は怖い天気
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◆猛暑が残した負の産物 2011年スギ花粉の飛散量は過去最大

『本当は怖い天気』
[監修]武田康男 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

猛暑は、ただ暑いだけでは済まない。来年の春には、厄介なスギ花粉が猛威をふるい、新たな苦しみを生む。

キーワード…猛暑、スギ花粉

翌年も残る猛暑の余波

 異常な猛暑は、季節が去ってもさまざまな場面で余波を残す。

 年々患者数が増加している花粉症もそのひとつだ。というのは、スギやヒノキの花粉量は、前年夏の気象条件に大きな影響を受けるからだ。特に7〜8月を中心とした期間の気温と日照時間の影響が大きい。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:353文字/本文:548文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次