読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1001664
0
本当は怖い天気
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
column 天気と気象 きほんのき 冷たい雨と暖かい雨

『本当は怖い天気』
[監修]武田康男 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

日本でもスコールが……

 雨は、実はふたつに分けることができる。「冷たい雨」と「暖かい雨」だ。日本などの温帯に降るのは冷たい雨で、温帯の大気は数キロメートル上空では、常に0℃以下で、雲は冷やされた水の雲粒と氷晶でできている。これが下層の暖かい大気の中を落下するとき、溶けて雨粒となり、降り注ぐ。このとき溶けずに地上に落ちたものが雪である。雪の場合は、中層よりさらに上のマイナス40℃の高層でできた氷晶が中層の氷晶を成長させて下層に落ちてくる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:162文字/本文:382文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次