読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1001706
0
本当は怖い天気
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◆免疫機能の弱体化か? 世界中からミツバチが消える

『本当は怖い天気』
[監修]武田康男 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

アメリカでミツバチが大量に消えている。その影響で日本の養蜂業や交配が必要な農業にまで打撃が。その原因とは?

キーワード…免疫機構、遺伝子組み換え、農作物

2035年ミツバチがすべて消える

 養蜂業者が飼育するミツバチが巣箱から大量消失する原因不明の現象が北米に広がっている。全米50州中の27州とカナダの一部で報告され、その後も拡大している。管理するハチの群れの9割を失った業者もいる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:359文字/本文:549文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次