読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
200
kiji
0
0
1001831
0
真訳 論語 より良く生きる言葉
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
一 豊かに生きる

『真訳 論語 より良く生きる言葉』
[著]孔子 [訳]吉田真弓 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:10分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


〇〇一
「一貫した姿勢」の大切さ

口先だけで、常に態度をくるくる変えるような人は、良心のある人間とは言えない。
(『学而』)

〇〇二
完璧を求めない


 立派な人間は、食べものや住居に完璧な満足を求めず、何事もきちんとこなし、言葉を選ぶ。

 そして道理をわきまえた人を手本にして自分を正す。

 そうしてこそ、向上心がある人間といえる。
(『学而』)

〇〇三
「もう一歩先」を目指す


 子貢(しこう)が「貧しくてもへつらわず、裕福でも(おご)らない人というのは、どうでしょうか」と訊ねた。

 孔子は「それもいいだろうが、貧しくても道を究めることに喜びを見出し、裕福でも礼節を大切にする人にはかなわないだろうね」と答えた。

 そこで子貢が「『詩経(しきょう)』には「切り出し、研ぎ、()り合わせ、磨くように」といいますが、これはそうした態度のことを指すのでしょうか」と聞くと、孔子は「そうだよ。それでこそ『詩経』について話ができるというものだ。君は、前のことを話せば、まだ話していないこともわかるのだからね」と言った。
(『学而』)

〇〇四
認められるより認める側に


 人に認めてもらえないと悩むより、他人をわかってあげられないことを気にかけるべきだ。
(『学而』)

〇〇五
人の成長と年齢について


 私は十五のときに学業に励むことを決め、三十で自分を確立した。

 四十で迷いがなくなり、五十で自分の道というものを知った。

 六十では何を聞いても心が乱されることがなくなり、七十になったら思うように行動しても常識を外れることはなくなった。
(『為政』)

〇〇六
失敗は人を映す鏡


 人は、いかにもその人にありがちな失敗をするものだ。

 過去の失敗を見れば、その人となりがわかる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3867文字/本文:4577文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次