読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1002091
0
男の本音の話をしよう。〜なぜか、恋が上手くいかない女性へ〜
2
0
66
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
【あとがき】

『男の本音の話をしよう。〜なぜか、恋が上手くいかない女性へ〜』
[著]柴門坊才 [画]KUBOTA MIHO [発行]モバイルメディアリサーチ


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
66
| |
文字サイズ


最後まで読んでくれてありがとうございました。
この本は、世の中のたくさんの、“勘違い”をしている女性たちに向けて書きました。

今、巷には数えきれないほどの恋愛マニュアルが存在しています。
そして、多くの女性がこの“勘違い”をしたまま、モテるためのテクニックだけを取り入れている。
だけど、そのせいで恋愛を傷つけ合うものにしていることに気づいていない。

彼女たちの勘違いとは、『恋愛は自分のためにするものだ』と思っていることです。

この勘違いをしている女性が、悲しいほど多い。
どんなに美しくなっても、どんなにナイスバディになっても、どんなにスゴいテクニックを取り入れても、この考え方を変えなければ、幸せな恋愛が出来るわけないのに。

なぜなら、男は“自分の幸せだけを求める女性”が大嫌いだから。
これが男だからわかる、いちばん声を大にして言いたい真実です。

『恋愛は相手と自分のためにするもの』

本の中でも何度も言ってきたけど、恋愛でいちばん大切なのは“相手への思いやり”です。
これを忘れなければ、100%幸せな恋愛が出来る――とは断言できないけれど、遠回りしないで恋愛を学んで行けるはず。

実際はたいして恋愛したこともないような、怪しい作家たちの書いているくだらない恋愛マニュアルにも惑わされず、前に進んで行くことが出来る。
男にダマされる確率も格段に低くなる。なにより、幸せな恋愛が出来る確率も格段に上がる。

だから、どうか、この考え方を忘れないでください。
そして、人生を明るく輝かせてくれるような、生きていて良かったと思えるような、そんな素晴らしい恋愛をしてください。

この本を書くにあたり、大切な友人、作家の春乃れぃさんには大変お世話になりました。
出版のきっかけをつくってくれたことを心より感謝しています。
彼女に提案されて、「合コン誘われ経験数1,000回」ということを押し出しました。
本当は死ぬほど嫌でしたが、今では書いたことの説得力を増すために必要だったと納得しています。
ありがとうございました。

ここに書いたことが少しでもお役に立てれば幸いです。
みなさんの幸せを心より願っています。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
66
残り:6文字/本文:887文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次