読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1002135
0
恋〜30歳までにしておきたい恋愛とSEX〜
2
0
2
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◆20代のあなたは、とても魅力的

『恋〜30歳までにしておきたい恋愛とSEX〜』
[著]Coz Kumagai [画]KUBOTA MIHO [発行]モバイルメディアリサーチ


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
2
| |
文字サイズ


 20代のあなたは、自分がどれだけ恵まれているかに気づいていますか?

 あなたは、恋愛のポールポジションという最も有利な位置にいるのです。

 20代の女性は、あらゆる年代の男性から最も人気のある年代です。各年代ともにそれぞれの魅力はありますが、20代の女性は男性を惹きつける魅力を最も解き放っています。
「大人」というくくりで見ると、20代はいちばん若い大人であり、初々しさで満ちています。「女房と畳は新しい方がいい」という諺があるように、新鮮さが好まれるのは、ひとつの道理です。
「若い女の子の方が好まれるのなら、10代の方が有利なのでは?」と思うかも知れませんが、10代ではまだ「大人の女性」としての魅力が備わっていません。しかし、20代のあなたは大人の女性としての魅力と、10代女性のような初々しさや無邪気さも兼ね備えています。言い換えれば、20代のあなたは、女性の魅力をいいとこ取りした存在なのです。

 各年代にそれぞれいいところはありますが、20代の大人の女性としての最大の魅力は何と言っても「若さ」です。あなたには、外見的・肉体的・精神的な若さががあります。これらは男性を惹きつける強烈なファクターです。


 現実的なことを言えば、化粧をしなくても、美しさや可愛らしさを保てます。お化粧をしなくてもきれいであり、お化粧をしたら一段と美しくなれるというのは他の年代ではなかなかありません。

 体型にもよりますが、ミニスカートも似合います。年配の女性が頑張ってミニスカートをはいている姿を目にすることがありますが、あなたにはそうした不自然さはありません。20代というだけで似合ってしまうのです。もちろんミニスカートだけでなく、幅広いファッションが似合います。

 20代は、大人だけど「まだキミは若いからねぇ」と笑って許してもらえるお得なお年頃です。
「元気モリモリで〜す!」と、はじける若さを全面に押し出しても、「ええっ〜。よくわかんな〜い」とかわいい女性を演じても無理がありません。

 20代は、甘えることも大人ぶってみることも縦横無尽にできる、とても貴重な年代です。

 結婚対象者としても、男性陣から最も注目度が高く、売り手市場と言ってもいいでしょう。あなたは、20代というだけで大きなアドバンテージがあるのです。

 20代は、女性のあなたが一番輝く時期。特に何をしなくても、今のままで十分に男性を惹きつける魅力をたくさん持っているのです。何ひとつとして欠けているものはありません。すでにすべてを持っています。20代という年代は、あなたの魅力の一部です。


 さらにあなたは、個性という魅力も持っています。他人のことを思いやるやさしい気持ち、澄みきった心、きめ細やかな気遣い、人を元気にさせる明るさ…。数えあげたらきりがないほどです。こんなに魅力的なあなたが恋愛できない理由など、どこを探しても見当たりません。

 そんなあなたに惹かれない男性がこの世の中にいるでしょうか?

 あなたは、今のままで十分に魅力的な存在です。出し惜しみすることなく、すでに持っている魅力を発揮するだけで、一段と輝きを増すのです。

 魅力を解き放つには、それに気がつき、受け入れることから始まります。まずは、20代の今、自分がどれだけ魅力的なのかということに気がつくことから始めましょう。自分自身を認めることは、あなたの自信につながり、表情や言動として現れます。そして、自分の魅力に気がついたあなたは、自然と周囲に魅力を振りまくことになるのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
2
残り:16文字/本文:1465文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次