読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1002151
0
恋〜30歳までにしておきたい恋愛とSEX〜
2
0
1
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
〜おわりに〜「恋について」

『恋〜30歳までにしておきたい恋愛とSEX〜』
[著]Coz Kumagai [画]KUBOTA MIHO [発行]モバイルメディアリサーチ


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ





 好きで好きでたまらないという、抑えることができない気持ちになるのが「恋」です。
「恋」とは、心に火がつくようなもの。「恋」の語源説はいくつかありますが、「心火(コヒ)」が「恋」の語源だという説もあります。

 ちなみに「恋愛」という言葉は、LOVEの訳語として生まれた言葉です。LOVEには、「愛」や「恋」という意味も含まれていますし、「好き」「お気に入り」という意味も含まれています。いっぽう「恋」は、割り切ることができない、なんとも表現しがたいものであり、それはやはり「恋」としか言いようがないものです。

 この本でお伝えしたかったことは、そうした「恋」を楽しんで欲しいということです。
「愛」ではなく「恋」です。 
「愛」は誰もが持っているもので、決して失われることはなく永遠です。
「恋」は、芽生えたり、実ったり、失ったり、破れたり、落ちたりするものです。切なくなるほど、異性を好きになることであり、理性では制御しにくい感情です。
「恋」は「愛」の初期段階であり、愛への入り口のようなもの。
「恋」は、理屈では割り切れない、心の衝動です。
「恋」は年齢に関係なくできますが、理性を身につけていくと、突き動かされる気持ちを抑えるようになってしまいます。歳を重ねたり、結婚すると、恋する気持ちは少しずつ薄らいでいくものです。

 好きという気持ちを抑えられない「恋」は、断然、若いときの方がしやすいのです。そして、20代は体力も気力もあり、エネルギッシュな年代であり、「恋」を思う存分に楽しむための要素をすべて兼ね備えています。

 だからこそ「恋」は、20代の今のうちに存分に楽しんで欲しいと思うのです。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:13文字/本文:705文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次