読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1002219
0
ワルの人たらし学
2
0
12
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◇人は皆、他人から“たらされたい”と切望している

『ワルの人たらし学』
[編]門昌央と人生の達人研究会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
12
| |
文字サイズ


 人の欲望には、食欲、性欲、愛欲、金銭欲、出世欲、権力欲、名声欲などさまざまある。これら欲望のうち、人の世、つまり世間という生臭(なまぐさ)い世界に生きていて、人がもっとも望むことは、人にほめられ、ちやほやされたい、注目されたいということだ。「人間が生涯をかけて最も強く追い求め欲しがるものはなにか。詰まるところはただ一筋、自分が世間から少しでも高く認められる評価である」と、谷沢永一(たにざわえいいち)さんはその著書『人間通』で書いている。

 なぜ、他人から称賛(しょうさん)されたいのか。その理由は世間や社会は人の世といわれる言葉のとおり、人と人との関係によって成り立っているからだ。そして、人はだれでも、自分がいちばんかわいいものであるからだ。

 だからこそ、人というものは、他者に注目され、ほめられ、ちやほやされたいと願う。ちやほやされたくない、ほめられたくない、そうされたって気分はよくない、などと心底(しんそこ)思う人はきわめて(まれ)だろう。

 人の本性は、他者から、ほめられたい、ちやほやされたいと切望する、どうしようもない欲深(よくぶか)なものであることを、まずは(きも)(めい)じておくべきである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
12
残り:24文字/本文:534文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次