読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1002276
0
ワルの人たらし学
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◇“ゴマすり”は大いに結構

『ワルの人たらし学』
[編]門昌央と人生の達人研究会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「ゴマをすりーまーしょ」と、喜劇映画の主人公『無責任男』は、サラリーマン社会を器用にスイスイ泳ぎ、出世していった。主人公・植木等(うえきひとし)演ずるヒラの新入社員は、社長はもちろん、専務、部長、同僚、OLからお掃除おばさんにまで、ゴマをすってすって、すり倒す。

 ゴマすり野郎は、ほめちぎり、お世辞をいい、同調し、こびへつらう。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:588文字/本文:752文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次