読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1002302
0
ワルの人たらし学
2
0
1
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◇時には下手にでながら、部下に教えを請う

『ワルの人たらし学』
[編]門昌央と人生の達人研究会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 上司というものは、仕事について部下に(たず)ねるのは、気がひけるものだ。これは立場が上にあるという自意識があるからだ。部下が知っていることを自分が知らないと白状することになるので、自尊心が傷つくのだろうか。

 うっかり尋ねて、「そんなことも知らないのですか」と部下にいわれようものなら、上司としての面目丸(めんもくまる)つぶれ。だから、ものを尋ねているとは思えないような、高圧的な口の利き方をするバカな上司がいる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:587文字/本文:795文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次