読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1002307
0
ワルの人たらし学
2
0
1
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◇「がんばって」ではなく「がんばってるね」

『ワルの人たらし学』
[編]門昌央と人生の達人研究会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ

「がんばってね」という言葉は、もはや日本人の日常のあいさつになっているようで、さしたる意味もなくつかわれることが多い。

 このように、がんばるという言葉が形骸化(けいがいか)した背景には、「がんばれ」と人を叱咤激励(しったげきれい)しても効果がなく、むしろ逆効果になる場合が多い、と認識されるようになったことが関係しているように思われる。

 プロスポーツの厳しい勝負の世界では、叱咤激励することで「がんばり」をひきだす効用がある。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:353文字/本文:566文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次