読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1002744
0
知れば知るほど面白い 江戸の時代本当にあったウソのような話
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
江戸時代には、額に「犬」と刺青する刑があった!

『知れば知るほど面白い 江戸の時代本当にあったウソのような話』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 江戸時代の刑罰といえば、市中引き回しや島流し、磔の刑などがよく知られている。しかし、ほかにもさまざまな刑罰があって、なかには額の真ん中に「犬」と刺青する刑罰もあった。

 といっても、いきなり「犬」と刺青するのではなく、初犯では、第一画の「一」だけを書いた。そして、再犯で第二画の「ノ」が入り、三度目に捕まると、いよいよ残りが加えられて「犬」という文字になった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:239文字/本文:419文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次