読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1002955
0
面白すぎる博学知識 江戸のしきたり
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
窓口業務から悩み相談まで…大家さんの仕事は幅広い!

『面白すぎる博学知識 江戸のしきたり』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 落語の(はっ)つぁん・熊さんが登場する話につきものなのが大家さんである。ふたりを教え(さと)したりする役回りで、まるで親子のような会話が展開される。時代劇などでよく見かける光景だ。

 では、じっさいのところ、大家とはどんな存在だったのだろうか。

 江戸時代の大家は、公式名称で「家主」とも呼ばれた職業だったため、借家の所有者と誤解されがちだ。しかしじっさいは、八つぁん・熊さんの住む長屋の持ち主から、建物や住人の管理を任されている雇い人にすぎない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:746文字/本文:971文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次