読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1003165
0
誰にも聞けないけどスッゴク知りたい… ワルの大疑問
2
0
1
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
動物愛護センターへ送られたイヌの、悲惨な末路とは?

『誰にも聞けないけどスッゴク知りたい… ワルの大疑問』
[編]素朴な疑問探究会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:1分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 引っ越しや近所からの苦情、また「飽きた」という理由などで、毎年多くのイヌが捨てられている。彼らは、保護されて動物愛護センターへ運ばれてくるが、収容されてから八日目の朝には薬殺されてしまう。

 センターへ連れてこられたイヌは、まず抑留(よくりゅう)室へ入れられる。ここに入ると、周囲を観察するため、捕獲時に大暴れしたイヌもおとなしくなるという。

 それから、一日たつごとに部屋を移り、最後の部屋で八日目の朝を迎える。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:202文字/本文:408文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次