読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
200
kiji
0
0
1003642
0
人間交際術
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第1章 人づきあいが楽になる智恵

『人間交際術』
[著]アドルフ・F・V・クニッゲ [翻訳]服部千佳子 [発行]イースト・プレス


読了目安時間:15分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


他人の評価を気にしすぎない




 他人の評価を気にしすぎてはいけません。堂々と自分を通せばいいのです。自分のやるべきことを行っているなら、どうして人の非難を気にする必要があるでしょう。うわべはどんなに立派な人間に見せかけていても、そのきらびやかな衣装の下に弱く卑しい心を隠し、仲間に見せびらかすためだけにそれを身にまとっているなら、何の値打ちもありません。

――――――――

人を信じる




 何よりも、自分自身への信頼、そして善良な人や幸運を信じる気持ちを失ってはいけません。不満や落胆の表情を浮かべたら、たちまち友人たちは去っていきます。しかしながら、人は不運に陥ると、ついいじけた態度を取ってしまいます。他人がほんの少し不機嫌な顔をしたり、冷たい態度を取ったりすると、自分に向けられたものと誤解します。みな自分の苦境を知っていて、援助を求めたら逃げるつもりなのだと思いこむのです。

――――――――

〈おかげ様〉だと考える




 人のおかげで得をしたのに、自分の手柄だと思ってはいけません。社会的地位のある人物とつながりがあるために丁寧な扱いを受けたり特別扱いされたりしても、鼻を高くしてはいけません。謙虚になって、その人がいなければ自分はこんな扱いはしてもらえないのだと思いなさい。そして、人の助けを借りなくても尊敬される人間になるよう努力しましょう。彼方の太陽から光を受けて輝く大きな月よりも、惑星の周りをぐるぐる回って光る衛星よりも、ほの暗い片隅で、みずからの光で輝いているあなたのほうがずっと尊いのです。

――――――――

自分の苦境を訴えない




 あなたが不運や貧乏にあえいでいて、理性や信条をもってしてもその気苦労を払拭できないときでも、間違いなく苦痛をいやしてくれると確信できる相手でなければ、その悲しみや苦境を誰にも――愛するパートナーにさえ――打ち明けてはなりません。あなたの苦痛を軽減できる人はごくわずかしかいません。ほとんどの場合、よけい心が重くなるだけです。それどころか、幸運の女神があなたにしかめ面をしたと知るや、多くの人はあなたを避けるようになるでしょう。あなたが一文なしで、援助の手をすべて失い、庇護者が一人もいないとわかると、みなあなたから去っていきます。世界中から見放された人間に、たった一人断固として味方をするほど勇気のある人間がいるでしょうか。困っているときに万一幸運にもそんな友人が現れたとしたら、おそらくその人自身も困窮した不幸な人間で、やけになってあなたを自分の運命に引き入れようとしているだけです。そんな人に助けてもらっても、百害あって一利なしです。

――――――――

成功を見せびらかさない




 順風満帆のときも、それをあまり声高に話してはいけません。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:6262文字/本文:7394文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次