読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1003725
0
奉仕するリーダーシップ 小川淳司監督はヤクルトに何をしたのか
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
■ 奉仕するリーダーシップ

『奉仕するリーダーシップ 小川淳司監督はヤクルトに何をしたのか』
[著]児玉光雄 [発行]二見書房


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 2011年7月27日の対広島戦。先発七條祐樹(しちじょうゆうき)が6回2失点で試合を作ると、6回裏に相川が同点打、代打・武内が決勝犠飛を放ち逆転! この1点のリードを押本ら3投手が守り、後半戦初白星を挙げる。なお、七條は3連勝。

 ゲーム後小川はこう語っている。

「よくつないでくれました。(相手が前田健太で)そうそうチャンスはないですから。もよく粘ったし。〔6回、チャンスで宮本がきっちりバントを決めた〕バントもきっちり決めると点につながるよね。今日はチャンスで七條に回ってきたりと、向こうの流れのゲーム。その中で七條が2点によく抑えた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1556文字/本文:1825文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次