読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1003728
0
奉仕するリーダーシップ 小川淳司監督はヤクルトに何をしたのか
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
■ 徹底して勝負にこだわる

『奉仕するリーダーシップ 小川淳司監督はヤクルトに何をしたのか』
[著]児玉光雄 [発行]二見書房


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 リーダーの責務はチームを勝利に導くことである。このルールはスポーツ界のみならず、ビジネス界にも浸透している。手段は問わない。どんなやり方をしてもいいから、とにかく勝たねばリーダーとして生き残れない。そんな時代に突入しているのだ。

 2010年9月20日の対中日戦。このゲーム前、小川が翌年もヤクルトの指揮を執ることが発表された。“代行”が外れて正式な監督になったのである。

 この試合の勝負の分かれ目は、4回裏にあった。この時点で1対3とドラゴンズがリード。2点を追いかけるヤクルトは1死一、三塁とドラゴンズを攻めたてる。ここで2失点のピッチャー中澤雅人(なかざわまさと)に代えて代打ユウイチを送る。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1362文字/本文:1661文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次