読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1003750
0
奉仕するリーダーシップ 小川淳司監督はヤクルトに何をしたのか
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
■ 徹底して勝ちにこだわる

『奉仕するリーダーシップ 小川淳司監督はヤクルトに何をしたのか』
[著]児玉光雄 [発行]二見書房


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 2011年9月11日のホームでの対阪神戦。8回裏に阪神に2対2の同点にされる。その裏二死から川端慎吾(かわばたしんご)が粘って四球を選ぶと、打席には畠山。阪神三番手の榎田の6球目を叩くと打球はレフトスタンドに消える。値千金の17号勝ち越し2ランで試合を決めた。

 試合後、畠山はこう語っている。

「追い込まれていたので、なんとか次のバッターにつなげるのが大事だと思って、コンパクトに振った。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:658文字/本文:852文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次