読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1003767
0
奉仕するリーダーシップ 小川淳司監督はヤクルトに何をしたのか
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
あとがき

『奉仕するリーダーシップ 小川淳司監督はヤクルトに何をしたのか』
[著]児玉光雄 [発行]二見書房


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ




 2011年11月6日、ナゴヤドームにおけるクライマックスシリーズ・ファイナルステージの対中日ドラゴンズ第5戦で中二日で登板した館山は中日打線を2点に抑え、続く押本、松岡が無失点で力投するも、ヤクルト打線は9回の青木のタイムリーによる1点止まり。対戦成績2勝4敗で10年ぶりの日本シリーズ出場は叶わなかった。

 試合後、小川はこう語っている。

「1年を通して吉見にはやられっぱなしでしたし。(1年を振り返って)ここまできて勝ちきれず、これを力の差と受け止めなければいけない。悔しい思いを来年生かせるようにやっていきたい」(公式ホームページより)


 リーダーにとって、勝つに越したことはない。

 しかし、負けることを避けることは不可能であるし、また負けるのも悪くない。目先の勝ち負けに一喜一憂するのではなく、負けることにより、そのなかから、前向きのヒントを見出し、メンバーを育てる方向性が見つかれば、負けゲームもまんざら捨てたものではない。

 反対に、勝ったゲームの中に飛躍のヒントは存在しないと考えたほうがよい。勝って浮かれていると、とんだしっぺ返しを食らって、早晩窮地に陥ることも珍しくない。

 負けたゲームの中に潜む飛躍のヒントをつかみとって、メンバーの達成欲求を高めていくことこそ、リーダーにとっての大切な役目。

 達成欲求とは、どんな結果に終わろうが、常に高い目標を自分に課し、障害を克服して目標を実現させる意欲のことをいう。

 この欲求がヤクルトの選手にある限り、来シーズンも優勝争いに絡むことは間違いない。

 シーズンを通して選手を引っ張っていく役割を演じた宮本は、試合後こう語っている。

「ボクがもっと打っていれば展開は違っていたと思う。投手が頑張っていたので何とかしなければいけなかった。経験あるボクがチームを引っ張れなかった」(前掲HP)


 この悔しさをバネにヤクルトの選手は一丸となって来シーズンリベンジを誓うはず。来シーズンの小川ヤクルトから目が離せない。

児玉光雄
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4文字/本文:836文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次