読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1003915
0
学校ではあつかえない世界史
2
0
6
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◇イギリスで、大まじめに実践されたオナニー防止策って?

『学校ではあつかえない世界史』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
6
| |
文字サイズ


 ひと昔前まで、男性雑誌には「オナニーを毎日のようにしています。体に害はないのでしょうか?」といった中・高校生からの相談が掲載されることがあった。思春期をむかえた男の子たちが、オナニーのしすぎを心配した背景には、オナニーは心身に悪影響を及ぼすという「オナニー害毒説」が広まっていたからだ。

 日本でも、昔からオナニーをタブー視する風潮があったし、ヨーロッパでは、ローマ法王庁までが、オナニーは不道徳なことで、健康上も有害だという論文を発表したことがあった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
6
残り:390文字/本文:617文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次