読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1003946
0
学校ではあつかえない世界史
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◇地動説を捨てさせられたガリレオの悲運の晩年とは

『学校ではあつかえない世界史』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「それでも地球は動いている」

 裁判で、自らとなえた地動説を否定させられたのち、ガリレオ・ガリレイはこう叫んだと伝えられている。しかし、これは、ガリレオを擁護する人たちによって創作された伝説。もしもガリレオが、本当にそう叫んでいたら、即座に処刑されていたはずだ。

 ガリレオは、自ら考案した望遠鏡でコペルニクスが主張した地動説を実証したが、これに対して、天動説をとるローマ教会は、「地動説は哲学的に不合理であり、神学的に異端である」と断定。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:474文字/本文:692文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次