読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1004159
0
イザ!というときのお金はいくら?
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
旅館の仲居さんに心付けを渡したい!●サービス料をとる場合は本来不要なのだが…

『イザ!というときのお金はいくら?』
[編]マネー耳より情報局 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 旅館に泊まったとき、仲居さんに心付けを渡したほうがいいかどうか、迷う人はいないだろうか。かつては、旅館で仲居さんに心付けを渡すのは当然のマナーだったが、いまでは宿泊料とは別に通常10〜20%のサービス料を請求されるのが一般的なので、原則としてはあらためて渡す必要はない。

 だが、格式のある旅館で、各部屋で食事をとるような場合、料金にサービス料がふくまれていない場合、子どもや高齢者が世話をかけそうな場合は、心付けを渡しておくといいだろう。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:391文字/本文:611文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次