読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1004272
0
バカにしちゃいけない迷信の教え
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
産屋の風邪は一生つく 親の気持ちは今と変わらず

『バカにしちゃいけない迷信の教え』
[編]謎解きゼミナール [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

産屋(うぶや)」というのは、出産のために母屋とはべつに建てられる小屋、あるいは出産のときにつかう部屋のこと。いまでは、出産はほとんどの場合、産院・産科でおこなわれるようになったので、この言葉はめったにつかわれなくなっている。

 とはいえ、生まれたばかりの赤ん坊が病気にかかるとたいへん、という親の不安はいまもむかしも変わらない。「産屋の風邪は一生つく」という俗説は、そうした不安を反映してできたものといえる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:496文字/本文:700文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次