読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1004501
0
日本史 意外すぎる、この結末!
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◎喜多川歌麿――美人画の売れっ子浮世絵師を襲った、思わぬ悲劇とは

『日本史 意外すぎる、この結末!』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 老中の松平定信が、寛政の改革に取り組んでいる一八世紀の終わり頃、江戸の女性たちのあいだで、「ほんとに憎いよ、歌麿(うたまろ)さん」という言葉が流行した。自分たちの理想とするような美人画を喜多川(きたがわ)歌麿が描いたからだった。

 浮世絵を世に出した菱川師宣(ひしかわもろのぶ)が死んでから、約一〇〇年。浮世絵は、優れた絵師が何人も登場して、町人の楽しみのひとつになっていた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:636文字/本文:824文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次