読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1004502
0
日本史 意外すぎる、この結末!
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
◎在原業平――平安時代のプレーボーイの逃亡人生

『日本史 意外すぎる、この結末!』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


『伊勢物語』の主人公である在原業平(ありわらのなりひら)は、仕事もできるし、歌もうまい。おまけに、絶世の美男で、まさに平安時代のプレーボーイだった。
『伊勢物語』によれば、在原業平は、住みなれた京の都を離れ、東国へ下ったという。当時の武蔵国(東京都、埼玉県、神奈川県東部)は、いまとちがって、荒涼とした未開の地。そんな東国へ旅立ったのは、じつはプレーボーイらしく、女性問題の果てでの都落ちだったと伝えられている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:494文字/本文:699文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次