読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1005342
0
あの人ばかりいい女と言われるのは、なぜだろう?
2
0
6
0
0
0
0
恋愛
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「ちょいモテ女」では「いい女」になれない――まえがき

『あの人ばかりいい女と言われるのは、なぜだろう?』
[編]ヒューマン・ライフ研究会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
6
| |
文字サイズ


 世間ではいま、「モテ」「ちょいモテ」なる言葉がブームだ。しかし、いきなり断言してしまうが、「モテ女になる云々」といった雑誌の特集を読む女性に、「いい女」はいない。なぜなら、その手の特集には、ほんとうの「いい女」がどういう女なのかということが、書かれていないからだ。それに、そもそもの話、そういう記事を読むことで「モテ女」になりたいというその心根が、すでにして「いい女」の基本的な規格から外れてしまっているからである。

 ま、雑誌で紹介された「モテ服」を着ればほんとうにモテるとか、こういう手練手管を(ろう)すればオトコは落ちるとか、本気で信じている女性はまずいないと思いたい。が、この手の特集を組んだ雑誌が売れていることを考えれば、それなりの効果はあるのかもしれないし、本人は「いい女」ふうになれたことに満足するのだろう。あるいは、それにまんまとダマされる男が多いということなのかもしれない。

 それはともかく、ほんとうに「いい女」とは、どんな女性をいうのか?

 ひと言でいえば、品性と知性と感性が磨かれた女性である。そして、その大きなテーマを具体的にかみ砕いたものが、本書にある六六の条件ということになる。

 ここで、これらの条件を侃々諤々(かんかんがくがく)の議論の末に導きだした、われわれのプロフィールを簡単に紹介しておこう。メンバーは六人で、平均年齢は四〇歳。職業は、若い順に、編集者、グラフィック・デザイナー、カメラマン、作家、イラストレーター、映像プロデューサーで、独身は二名(うち一人は離婚歴あり)、妻帯者は四名(うち一人は離婚歴あり)という構成である。

 いちおう人生経験は豊富であり、女性についても各人にいい思い出、苦い思い出がある。けっして「ちょいモテおやじ」ではない。しかし、全員、女からだけでなく男からみても「いい男」になろうとする向上心だけはもちつづけてきたという自負はある。

 そんなわれわれが考え抜いた「いい女の条件」は、「モテ特集」なぞよりは、数段ハイレベルな内容かもしれない。また、ときに女性の逆鱗(げきりん)に触れるような物言いがあることも認めなければならない。しかし、それは、われわれが女性に迎合するようなことは一切せず(そういう態度は、女性に対してとても不誠実だろう)、すべて本音を書いたからであり、女性を心から愛するがゆえの男の言い分である。

 もちろん、ここに書いた六六の条件にすべてあてはまる女性など、この世にはひとりもいない。ひとつでもあてはまれば、あなたはすでに「いい女」なのだ。そして、そんなあなたが本書を読めば、「いい女」になるための勘どころがわかって、さらなる「いい女」へと飛翔できることをわれわれは大いに期待している。

 われわれも、そんな「いい女」に見合うよう、さらなる「いい男」になるべく精進しなければならないことはいうまでもない。

ヒューマン・ライフ研究会
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
6
残り:26文字/本文:1229文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次