読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1006212
0
この世に実在するミステリーコードの謎と不思議
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
日本の古代文字「ホツマツタエ文字」の神秘

『この世に実在するミステリーコードの謎と不思議』
[編]夢プロジェクト [発行] 河出書房新社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

●漢字が渡来する前の文字は?

 いまでは用いられていない、はるか古代の文字を解読するというのは、暗号解読に似ているといえるだろう。

 そんな暗号のような文字が日本にもある。日本の文字は、漢字とそれから派生してできたひらがなやカタカナだけでは……と思うところだが、じつは、漢字以前から存在したと伝えられている文字がいくつかある。

 その代表とされるのが、『秀真伝(ホツマツタエ)』という書物に用いられている「ホツマツタエ文字」だ。ホツマツタエ文字が漢字以前の文字だとすれば、そこにはその当時の人々のメッセージが残されていることになる。
『日本書紀』によると、漢字は応神紀一五年に百済から伝わったとされている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1211文字/本文:1510文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次