読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1006436
0
もう一度、読み直すと面白い世界の英雄・偉人伝
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
モーセ[前13世紀頃]●『聖書』に登場する神のお告げを聞いた大預言者

『もう一度、読み直すと面白い世界の英雄・偉人伝』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 モーセが神のお告げを授かるまで

 古代イスラエルの民族指導者モーセは、聖書の登場人物のうちもっとも偉大な人物のひとりで、キリスト教やユダヤ教はもちろん、イスラム教でも大預言者「ムーサー」として尊敬されている。
『旧約聖書』の「出エジプト記」によると、モーセはイスラエル人の子としてエジプトに生まれた。イスラエル人は、その昔、民族の祖ヤコブ(ヤコブが神から授かった名が「イスラエル」)の子ヨセフに率いられてエジプトに移住していたが、時がたち子孫が増えるにつれ、弾圧の対象になっていった。

 モーセが生まれたのは、そんなイスラエル民族の苦難の時代である。しかも、当時のエジプトには、「イスラエル人の男児は、出生と同時にナイル川に投げ込め」という、ファラオ(ラムセス二世とみられるが、詳細は後述)の命令が下っていた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1671文字/本文:2024文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次