読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1006440
0
もう一度、読み直すと面白い世界の英雄・偉人伝
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
カエサル[前100〜前44]●古代ローマの「内乱の一世紀」を生きた英傑

『もう一度、読み直すと面白い世界の英雄・偉人伝』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

「賽は投げられた」

 イタリア半島を中心に発展した巨大国家ローマは、大きく「共和政ローマ」の時代と「帝政ローマ」の時代に分かれる。古代史の英雄ユリウス・カエサルは、ちょうどローマが共和政から帝政へ移ろうとする「内乱の一世紀」に活躍した人物だ。

 カエサルが活躍した共和政末期のローマは、「元老院」「執政官」「平民会」の三者のバランスによって運営されていた。
「元老院」は、定員三〇〇名の終身議員で構成される執政官の監督・指導機関。「執政官」は、元老院によって選ばれる定員二名・任期一年の行政官で、ローマ市長および共和政ローマの元首にあたる。「平民会」は、平民からなる議決機関で、そこから選ばれる「護民官」(定員一〇名・任期一年)は、元老院や執政官の決定に拒否権を行使できた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1779文字/本文:2113文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次