読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1006441
0
もう一度、読み直すと面白い世界の英雄・偉人伝
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
クレオパトラ[前69〜前30]●世界を手玉にとった絶世の美女

『もう一度、読み直すと面白い世界の英雄・偉人伝』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 カエサルとの出会い

 古代エジプト最後の女王クレオパトラは、美貌を武器にローマの有力政治家を魅了し、世界を動かした女性だ。「クレオパトラの鼻がもう少し低ければ、世界の歴史は書き替えられていただろう」という、哲学者パスカルの言葉は、あまりにも有名である。

 クレオパトラは、プトレマイオス朝エジプトの王家の娘として生まれた。プトレマイオス朝は、前4世紀末、アレクサンドロスの部下のプトレマイオスが開いた王朝で、ギリシア・マケドニア系民族によってエジプト人が支配されていた。クレオパトラも、民族的にはギリシア・マケドニア系である。

 王朝は、建国初期の一世紀間は繁栄を謳歌したが、やがて王位をめぐる内紛や対立、エジプト人の蜂起に苦しめられて国政が傾き、前2世紀、強国ローマがギリシア・小アジア世界に公然と介入してくるようになった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1709文字/本文:2070文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次