読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1006442
0
もう一度、読み直すと面白い世界の英雄・偉人伝
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
スパルタクス[?〜前71]●ローマ帝国に戦いを挑んだグラディエーター

『もう一度、読み直すと面白い世界の英雄・偉人伝』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 剣闘士とは何か?

 スパルタクスは、「内乱の一世紀」と呼ばれるローマの混乱期に、剣闘士奴隷の蜂起を指導した英雄である。

 前1世紀頃のイタリアは、奴隷制の最盛期で、社会のいたるところに奴隷が存在した。大土地所有者のもとで農業に従事する奴隷、家事を担当する家内奴隷はもちろん、医療にあたる奴隷や、貴族の子弟の家庭教師を務める奴隷までいた。

 こうした奴隷は、ローマの征服地であるガリア、ゲルマニア、トラキア(ルーマニア)から大量に連れてこられた人たちである。

 この奴隷身分には、剣闘士(グラディエーター)と呼ばれる者たちも含まれていた。

 剣闘士は、見世物としての剣闘士競技を行う人々のことで、戦争で捕らえられた捕虜、自由身分を夢見る奴隷、自由民でありながら債務の返済などのために志願した者、重罪人として刑罰を科せられた者などで構成される。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1434文字/本文:1800文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次