読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1006461
0
もう一度、読み直すと面白い世界の英雄・偉人伝
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
カール大帝[747〜814]●ゲルマン社会を統一した大物

『もう一度、読み直すと面白い世界の英雄・偉人伝』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 西ローマ帝国滅亡後のヨーロッパ世界

 西暦800年という区切りのいい年は、西ヨーロッパ世界が誕生した記念すべき年だ。この年、フランク王国のカール大帝は、ローマ教皇レオ三世から帝冠を授けられた。この「カールの戴冠」は、ギリシア・ローマ文化とキリスト教文化に、ゲルマン的要素が加わって西欧文化圏が誕生したことを示す、シンボリックな事件である。しかし、「カールの戴冠」について詳しく述べる前に、まずはローマ帝国分裂後のヨーロッパ世界の動きを見ておこう。

 ローマ帝国が、東西に分裂したのは395年。東方にできたのが、コンスタンティノープルを首都とするビザンツ帝国(東ローマ帝国)で、その後ほぼ一〇〇〇年間つづいた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1769文字/本文:2072文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次