読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1006477
0
もう一度、読み直すと面白い世界の英雄・偉人伝
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
フリードリヒ大王[1712〜1786]●時代を先取りした啓蒙絶対君主

『もう一度、読み直すと面白い世界の英雄・偉人伝』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 少年期のスパルタ教育

 中世以降、ドイツを支配していたのは、名目上は神聖ローマ帝国(962〜1806)だったが、しだいに大小の領邦に分裂していき、国家としての実体を失っていった。

 プロイセンも、そうした領邦国家のひとつだったが、「兵隊王」と呼ばれたフリードリヒ・ウィルヘルム一世(1688〜1740)のもとで強大な常備軍をつくり、絶対王政を確立、頭ひとつ抜け出した。これが、19世紀後半にドイツ民族を統一する基礎となる。

 ここで紹介するフリードリヒ大王は、フリードリヒ・ウィルヘルム一世の息子だ。のちにすぐれた軍事センスを発揮するフリードリヒだが、若い頃は狩猟や軍事演習を嫌い、フルート演奏をはじめとする音楽に親しんだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1712文字/本文:2022文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次