読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1006499
0
東京で江戸の時代を見つける方法
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
幕末の志士が刑場の露と消えた地 吉田松陰終焉の地

『東京で江戸の時代を見つける方法』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

中央区/東京メトロ日比谷線 小伝馬町駅徒歩1分

 東京メトロ日比谷線の小伝馬町駅で降り、秋葉原寄りの出口を出ると、目に飛び込んでくるのが、「江戸伝馬町処刑場跡」と彫られた石碑。赤字で書かれているのが、なんともおどろおどろしい。

 江戸時代、この付近には、罪人を収監する牢屋敷があった。いまの十思(じっし)公園と十思小学校のあたりで、同公園のなかには、安政の大獄(たいごく)で捕らえられた吉田松陰(よしだしょういん)歌碑(かひ)が建てられている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:676文字/本文:897文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次