読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1006579
0
東京で江戸の時代を見つける方法
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
樋口一葉が暮らした『たけくらべ』の世界 樋口一葉旧居跡

『東京で江戸の時代を見つける方法』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

台東区/東京メトロ日比谷線 三ノ輪駅徒歩5分

 東京メトロ日比谷線「三ノ輪駅」を下車して、国際通りを南へ歩き、四つ目の信号を左に折れる。その先に見えるのが、五〇〇〇円札の肖像画でおなじみの樋口一葉がかつて住んでいた場所だ。

 一葉といえば、貧しい生活のなか、短い生涯を終えたという印象が強いが、ここ台東区竜泉町は、その人生を象徴するような場所である。

 一葉は、明治二六年(一八九三)七月に、本郷の菊坂から、当時「下谷(したや)龍泉寺町」といったこの地に引っ越してきた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:618文字/本文:850文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次