読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1006584
0
東京で江戸の時代を見つける方法
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
“近代彫塑の父”による絶妙な和洋折衷建築 朝倉彫塑館

『東京で江戸の時代を見つける方法』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

台東区/JR山手線ほか 日暮里駅徒歩4分

 彫刻家朝倉文夫(あさくらふみお)は、代表作「墓守」や、早稲田大学のキャンパスに立つ「大隈重信像(おおくましげのぶぞう)」ほか、数々の名彫刻を残した人。その功績をたたえて、「日本の近代彫塑(ちょうそ)の父」とも呼ばれている。

 その朝倉が、自ら設計・監督をした住居兼アトリエが、いまも当時の姿のまま残っている。場所は、JR山手線「日暮里駅」北口から「御殿坂」を上り、「日暮里会館」近くの交差点を左折したところ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:576文字/本文:800文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次