読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1006590
0
東京で江戸の時代を見つける方法
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
あの大豪商の屋敷跡で荒廃と再建をくり返した名園 清澄庭園

『東京で江戸の時代を見つける方法』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

江東区/都営地下鉄大江戸線 清澄白河駅徒歩1分

 名庭として名高い「清澄(きよすみ)庭園」は、隅田川下流、かつて深川木場(ふかがわきば)が栄えたところにある。

 ここは、もともと、江戸中期の豪商紀伊國屋文左衛門(きのくにやぶんざえもん)の屋敷だったところだ。

 紀伊國屋文左衛門は、幕府御用達(ごようたし)の材木商として巨万の富を築いた人。その人生は、さまざまな伝説に彩られており、嵐の海を越えて紀州ミカンを江戸に届け、大もうけしたとか、まだ火事の火が消えないうちから再建用の材木を運び込んだなどというエピソードが伝わっている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:777文字/本文:1038文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次