読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-1
kiji
0
1
1006727
0
日本人なら知っておきたい 江戸の庶民の朝から晩まで
2
0
2
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
庶民の日々の食卓にはどんなものが並んでいた?

『日本人なら知っておきたい 江戸の庶民の朝から晩まで』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
2
| |
文字サイズ


 江戸では、一日に三度食事をする習慣が、元禄年間(一六八八〜一七〇四)に定着したとみられている。それ以前は、朝と夜の一日二食がふつうだった。

 その時期は、主食の主役交代期でもあり、麦飯や玄米から、徐々に白米になっていった頃。ご飯と、何種類かのおかずを食べるという日本人の食スタイルが定着したのも、この年間のことである。

 また、江戸初期までは、味付けの中心は塩、酢、みそだったが、この時代以降、醤油や砂糖、みりん、かつおぶしなどが普及し、さまざまな煮物料理がつくられるようになった。

 当時の庶民の食卓をのぞいてみると、朝は、炊きたての温かいご飯に、みそ汁、漬物が典型的なメニュー。少し裕福な家庭では、煮豆などの副菜がついた。

 昼は、冷やご飯と、朝の残りのみそ汁程度。仕事で外出する職人は、ご飯と煮物などが入った弁当を持参した。江戸後期になると、寿司屋、そば屋、天ぷら屋、おでん屋などの屋台の数が増えていたので、外食ですませる人が多くなった。手習いに通う子供は、昼食を食べるために、家に帰ってきていたようだ。

 夜は、冷やご飯、みそ汁に、一品か二品のおかずというのが定番メニュー。おかずは、ヒジキやワカメ、イモ、ゴボウ、レンコン、サヤエンドウなど、海藻や野菜の煮物が中心で、裕福な家庭でも、魚を食べるのは月に二回ほどだった。

 ちなみに農民は、幕府によって、アワやヒエ、キビ、ムギなどの雑穀を主食にするよう命じられ、米以外の穀物を食べていた。

 当時の経済は、米中心にまわり、米は通貨のようなものだったから、年貢(ねんぐ)を徴収する幕府としては、農民に米をたくさん食べられると困るからだった。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
2
残り:22文字/本文:713文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次