読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1006748
0
日本人なら知っておきたい 江戸の庶民の朝から晩まで
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
これが江戸時代の歯みがき粉と歯ブラシ

『日本人なら知っておきたい 江戸の庶民の朝から晩まで』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 今では当たり前のように、朝晩行われている歯みがきだが、今のような歯ブラシが登場する前は、どんなもので歯をみがいていたのだろうか?

 歯ブラシのルーツは、驚くほど古い。古代エジプトの墓から、紀元前三〇〇〇年頃のものと思われる小楊枝が発見されているのをはじめ、古代インドでは「歯木(しぼく)」という道具が用いられていた。古代人も、虫歯予防のため、せっせと歯をみがいていたというわけだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:733文字/本文:923文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次