読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1006763
0
日本人なら知っておきたい 江戸の庶民の朝から晩まで
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
江戸の銭湯「湯屋」は、なんと“混浴”だった!

『日本人なら知っておきたい 江戸の庶民の朝から晩まで』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 すでに二章でも触れたとおり、江戸市中では、ほとんどの家庭に内風呂がなかった。長屋はもちろんのこと、裕福な町屋や武家屋敷にも風呂場はないのがふつうだった。

 そこで、「湯屋(ゆうや)」と呼ばれた銭湯が各所に建てられ、いろいろな身分の人たちが裸で付き合う社交場になっていった。

 その湯屋の軒先には、弓と矢の看板が掲げられていた。そのココロは「弓射(ゆみい)る」を「湯に入る」に掛けたもの。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:466文字/本文:658文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次