読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1006806
0
日本人なら知っておきたい 江戸の庶民の朝から晩まで
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
江戸の男が女にモテたくてはじめた習い事とは

『日本人なら知っておきたい 江戸の庶民の朝から晩まで』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 庶民の間で、習い事が盛んになるのは、江戸後期になってからのこと。暮らしに余裕が出てくると、師匠に弟子入りして、大衆芸能や文化を身につけようという人が多くなったのだ。

 人気のある習い事には、踊り、三味線、生け花、茶道、琴から、竹本、豊竹のふたつの流派があった義太夫、常磐津(ときわず)一中節(いっちゅうぶし)新内(しんない)河東(かとう)富本(とみもと)清元(きよもと)などの流派があった唄浄瑠璃、さらに狂歌や俳句、川柳、長唄、小唄などがあった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:333文字/本文:561文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次