読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1006839
0
日本人なら知っておきたい 江戸の庶民の朝から晩まで
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
橋の架かっていない川を人々はどうやって渡ったのか

『日本人なら知っておきたい 江戸の庶民の朝から晩まで』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 徒歩で道を行く江戸時代の旅人を悩ませたのが、雨や雪などの悪天候。もうひとつが「川越え」だった。とくに、当時往来の多かった東海道では、大井川の川越しがもっともやっかいだった。

 大井川は、今の静岡県中部を流れ、駿河湾(するがわん)に注ぐ川だが、当時、幕府は、江戸の防衛のために、街道筋の川に橋をかけたり、渡し舟を運航することを禁じていたのだ。東海道では、橋のあったのは吉田川と矢作川(やはぎがわ)だけで、大井川をはじめ、天竜川、富士川、安倍川など、名だたる川には、すべて橋はかかっていなかった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:722文字/本文:968文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次