読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1008015
0
常識として知っておきたい 昭和の重大事件
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
昭和二四年(一九四九) 光クラブ事件

『常識として知っておきたい 昭和の重大事件』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

東大法学部で優秀な成績をおさめていた秀才が、創設した闇金融の「光クラブ」。
敗戦後の混乱に乗じて、急成長を遂げたのもつかの間、警察に摘発され、三〇〇〇万円の債務を負った東大生社長は、青酸カリをあおって命を絶った。

▼「清算(青酸)カリ自殺」の衝撃

 昭和二四年(一九四九)一一月二四日、闇金融業「光クラブ」社長が銀座の事務所で青酸カリ自殺をした。東大法学部に籍をおく山崎晃嗣(こうじ)、二七歳である。

 物価統制令違反で検挙された影響から事業が破綻(はたん)し、支払期限を翌日に控えてのことだったが、遺書には「貸借法すべて清算(青酸)カリ自殺」と悲壮感とは程遠い駄洒落(だじゃれ)が書き記されていた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2048文字/本文:2344文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次