読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1009046
0
誰もが気になっていた 飛行機の大疑問
2
0
1
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
日本の客室乗務員が着物姿をやめた納得の理由とは

『誰もが気になっていた 飛行機の大疑問』
[編]謎解きゼミナール [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
1
| |
文字サイズ


 ベトナム航空やシンガポール航空では、民族衣装に身を包んだ客室乗務員が迎えてくれる。衣装といっても、それが制服なのだが、じつはかつては日本でも、和服の客室乗務員が空を飛んでいたという事実をご存じだろうか。

 着物でのサービスが実施されていたのは、1960〜70年代にかけての日本航空の国際線で、おもにファーストクラスで行なわれていた。着物姿の客室乗務員がズラリと並び、にこやかに客を迎える姿は、さぞあでやかだったことだろう。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
1
残り:395文字/本文:606文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次