読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1009286
0
世にも不気味な日本史 闇にうごめいた謎の人物篇
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
名だたる戦国武将をもてあそんだ幻術師 ●果心居士(かしんこじ)(16世紀頃)

『世にも不気味な日本史 闇にうごめいた謎の人物篇』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 幻術師とは、今でいう催眠術師とマジシャンを合わせたような存在。人々を集団催眠にかけ、さんざんに(まど)わせた。もともと古代ペルシャにはじまった術で、紀元前一世紀頃の前漢の時代に中国に伝わって発展、日本には陰陽道と前後して伝わっていた。

 戦国時代末期には、果心居士と名乗る幻術師があらわれた。彼がどこで生まれ、どこで育ち、どんな修行をしたかなどの記録はまったく残っていない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1225文字/本文:1413文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次