読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1009301
0
世にも不気味な日本史 闇にうごめいた謎の人物篇
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
築城の名手を取り囲む大胆な計略 ●太田道灌(おおたどうかん)(1432〜86)

『世にも不気味な日本史 闇にうごめいた謎の人物篇』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 東京の日暮里(にっぽり)駅前には、騎馬姿の太田道灌の銅像が建ち、有楽町駅近くの東京国際フォーラムのガラス棟にも、道灌の銅像がある。また、埼玉県の川越(かわごえ)市役所前にも、道灌の立像がおかれている。

 室町時代の武将である太田道灌は、江戸城を最初に築いた人物として知られ、足軽戦法を創案するなど、戦国時代初期を代表する武将である。道灌は、もともと関東管領家である扇谷(おうぎがやつ)上杉家の家臣で、相模(さがみ)国(現在の神奈川県)守護代を務めた太田家の出身だった。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:821文字/本文:1055文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次