読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1009348
0
世にも不気味な日本史 闇にうごめいた謎の人物篇
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
保元の乱で伊豆大島に流されたあの人物は、琉球へ脱出していた?! ●源為朝(みなもとのためとも)(1139〜70?)

『世にも不気味な日本史 闇にうごめいた謎の人物篇』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 源為朝は、幼い頃から体が大きく、たいへんな乱暴者だった。父為義(ためよし)は、とても京の都にはおいておけないと思い、一三歳のときに九州へ追放する。しかし、為朝は、九州でも大暴れして、豊後(ぶんご)肥前(ひぜん)をたちまちのうちに征服。朝廷は、帰還命令を出すが、為朝がその命に従わなかったので、父為義まで解任されてしまう。すると、為朝は、わずかな兵を率いて、あわてて京へと帰ってくる。

 そんなときに起きたのが、一一五六年の保元(ほうげん)の乱である。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:780文字/本文:1006文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次