読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
30
kiji
0
0
1009356
0
世にも不気味な日本史 闇にうごめいた謎の人物篇
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
大坂冬・夏の陣で奮戦したあの武将は、どうなったのか ●真田幸村(さなだゆきむら)(1567〜1615?)

『世にも不気味な日本史 闇にうごめいた謎の人物篇』
[編]歴史の謎を探る会 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 大坂の陣は、圧倒的兵力を誇る徳川方に対して、豊臣方は最初から劣勢に立たされていた。しかも、豊臣方は牢人たちの寄せ集めだったので、戦闘意欲こそ旺盛(おうせい)だったものの、全体の統制がとれないという欠点があった。

 そんな不利な戦いのなか、見事な駆け引きと勇敢な戦いぶりをみせたのが、真田幸村である。冬の陣では出城の真田丸にこもって奮戦、夏の陣では敗色濃厚となっても敵陣めがけて突進、家康の陣を突き崩すという働きをみせた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:490文字/本文:700文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次