読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1010899
0
意外な共通点がズバリ!わかる本
2
0
4
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
教授になれる人の共通点――へえ、けっこうイヤな世界かも

『意外な共通点がズバリ!わかる本』
[編]びっくりデータ情報部 [発行] 河出書房新社


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
4
| |
文字サイズ


 はた目から見れば、大学教授という職業は、じつにうらやましいもの。好きな研究をしていれば、地位と名誉がついてくる。最近は、テレビ・コメンテーターで顔を売る人もあって、そうなると書いた本は売れ、おいしい講演の依頼がやってくる。当然、そうなれば収入はサラリーマンとは比較にならないほど多いはず――。

 しかし、そのいっぽうで、大学には、教授どころか助教授にもなれず、講師や助手のまま終わってしまう人が、ごろごろいる。

 同じように学問を追究していても、教授になるか講師で終わるかでは、天国と地獄ほどの差があるといえる。

 教授になれる人の共通点は、やや意地悪にいえば、「自分の直属の教授を心から尊敬する」という“素直な心”である。教授の業績、能力、人間性にいたるまで、あらゆる面を尊敬できる能力である。

 いっぽう、「人間的には嫌いだ」とか、「うちの教授はボケてるよ」といった言葉が口から出るようだと、教授から嫌われ、そのうえ、やがて大学を追い出される結果になる。

 学問の世界は、あれでなかなか、嫉妬(しっと)ややっかみ、ひがみなどの感情が、大きく作用する世界なのだ。

 ノーベル賞を受賞した科学者の多くが、日本以外で業績をあげているのは、こういう狭い人間関係の枠内におさまらなかった人だったからともいえる。

 さらに、貧乏であることが大切だという。外車に乗って、女の子にモテモテといった講師連中は教授から嫌われる。

 安アパートの一室で、本とゴミやカビなどに埋もれながら、生活のほとんどを研究に費やすといったダサい講師、助手ほど、教授に目をかけてもらうことができるのである。

 ああ、イヤな世界!


この記事は役に立ちましたか?

役に立った
4
残り:27文字/本文:716文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次